オススメリンク

知識を有する専門家が対応してくれる特許申請の登録相談ならから安心して進めることができるのでおすすめです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
黄色い看板

postheadericon知的財産とは

知的財産権について
 日本においては、さまざまな知的財産を保護するための法律があります。
 例えば、ものづくりに関わる発明を権利化して発明家の権利を保護するものや、ブランドイメージを構築し維持するために利用するツールとして保護されるもの、個人一人ひとりの知的表現の独創性を保護するものなどがあります。
 知的財産のなかに、著作権があります。
 著作権は、著作物が表現された時を持って著作権が発生します。
すなわち、作者がなんらかの著作物を表現することによって自動的に権利が発生します。
 これは著作権に対して適用されるもので、一般には特許庁に権利内容を記載した書類を出願し認可される事が必要です。

煩雑な特許申請書類
 特許申請は非常に煩雑です。
 しかも、特許が及ぶ範囲を明記することが必要になります。
そのため、明文化された内容の解釈によっては特許の範囲が狭くなる場合もありますが、逆に広くなる場合もあります。
従って、権利を文章化する際には、発明者の代弁者として弁理士が出願書類を作成する事がほとんどです。
 ただし、発明者の意図や発明内容、効果等が弁理士にうまく情報伝達できないと、発明者の本意ではない出願になってしまいます。
 発明者と弁理士との間では充分な情報共有が必要になります。

商標登録は簡単
 特許申請には、さまざまな情報を明記しなければなりません。
それは特許権が発明の範囲を決定づけることとなるからです。
そのため、特許申請書類には、発明の内容を具体的に記載したり、その発明を用いる手段や利用する手順などを明記しないといけません。
更に、既に類似申請がある場合や、発明としてみとめられない場合には出願は却下されます。
 一方、商標は出願することで、既に類似するものが出願されていない限り概ね認可されます。
商標はトレードマークなので、主にブランディングに利用します。
 ブランドの印象がいいからといって、それにあやかり商標を無断利用することは商標権侵害になりますので注意が必要です。

エンブレム

postheadericon商標権について

商標権とは
商標権とは、登録しておくことにより、独占的に利用できるようにするための権利を指して用いられています。
登録された商標は、類似しているものにも異議を申したてるなどの権利を行使することができるものです。
たとえ営業地域などが異なっていても、その商標の存在を知らなくても侵害が成立するので、注意が必要です。
権利が芯がされていると認められると、商標の使用中止だけでなく、関連した商品やすでに作成したパンフレットなどの印刷物の廃棄や、損害賠償の対象となるので細心の注意が必要な権利となります。

グリコ

postheadericon特許とは

企業における特許申請
特許申請で大切なことは、過去に出願されている特許権の中に同じ内容のものがないか調べることです。
すでに同じ内容のものが出願されていれば、特許申請は認められないことになります。
日本の特許法では、先に発明やアイデアを考えた人に権利が与えられるのです。
企業にとって特許権があるとないとでは業務拡大に大きな影響があるため、新しいアイデアや発明に関しては先を競って特許申請が行われます。
また個人でも特許申請が認められれば、莫大な収入につなげることができるのです。

赤い車

postheadericon申請では

企業における特許申請
特許申請で大切なことは、過去に出願されている特許権の中に同じ内容のものがないか調べることです。
すでに同じ内容のものが出願されていれば、特許申請は認められないことになります。
日本の特許法では、先に発明やアイデアを考えた人に権利が与えられるのです。
企業にとって特許権があるとないとでは業務拡大に大きな影響があるため、新しいアイデアや発明に関しては先を競って特許申請が行われます。
また個人でも特許申請が認められれば、莫大な収入につなげることができるのです。